全国各地のコミュニティオーナー/マネージャー
“シタテビト”へインタビュー

#8 後編 【2】

相手にとっての「居心地の良い距離感」を考える

#8 後編 【1】

やり甲斐を感じるのは、運営拠点の存在意義を再認識できたとき

#8 前編 【2】

マネージャーとして、各運営メンバーの強みを活かした役割分担を大切に

#8 前編 【1】

高知県に若者が集まれる場所を作りたい

#7 後編 【2】

オーナーの役割は「メンバーが持つ火種を焚き火にすること」

#7 後編 【1】

「全員の目的が叶うコミュニティ」が良いコミュニティ

#7 前編 【2】

コミュニティは、「ハブ型」と「メッシュ型」に分けられる

#7 前編 【1】

「ごちゃまぜの議論」で新しいアイデアを生み出す

#6 後編 【2】

コミュニティに「生活の軸足を置けるかどうか」が大事

#6 後編 【1】

オンラインでは「コミュニケーションが可視化されること」を考慮する

#6 前編 【2】

コミュニティマネージャーは
「他者目線」を持つことが必要

#6 前編 【1】

「人が集まるところ」には、価値があることを実感

#5 後編 【2】

超帰省の取り組みは「信頼関係人口の創出」へ

#5 後編 【1】

コロナ後にこそ、「場所の価値」が再認識される

#5 前編 【2】

「人を介して、町を知る」ことが超帰省のポイント

#5 前編 【1】

超帰省=帰省のシェアリング

#4 後編

コネクタ目線でのコミュニティは、偶発的な繋がりを生む場所

#4 前編

コミュニティは変化を前提に、皆で作り上げる

#3 後編

コミュニティをつくる上で一番最初にやることは「エゴ」を共有できる場所を持つ

#3 前編

受講生との1on1でコミュニティへのコミット率が向上

#2 後編

コミュニティにルールがないと方向性のズレが発生!

#2 前編

コミュニティ立ち上げのコツは「小さく始めること」

#1 後編

活動記事をメディアにストックし、いつでも見てもらえる状態に!

#1 前編

コミュニティとコミュニティを繋ぐことが、大塚さん流の紡ぎ方

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード