お知らせ

【登壇】「ICF Business Acceleration Program 2022」最終審査会

当社代表取締役社長の難波 弘匡が、12月9日に開催された「ICF Business Acceleration Program 2022」最終審査会に登壇いたしました。

株式会社三菱総合研究所が運営する、未来共創イニシアティブ(Initiative for Co-creating the Future、以下 ICF)は、多様なステークホルダーが参加するオープンイノベーションおよび共創活動を通じて、社会課題の解決・社会実装、コレクティブインパクト創出を目指す会員プラットフォームです。

「ICF Business Acceleration Program」は、ICF活動の中核プログラムの一つであり、社会課題解決に資する有望かつユニークなビジネス提案を表彰、支援してきました。

テイラーワークスは本年10月、応募数147件の中から書類審査とオンラインピッチを経てファイナリスト7社として選出。最終審査会において、当社が提供するコミュニティアプリ「 Tailor Works 」を活用した「共助型オンラインコミュニティを活用した分散型社会の実現を促進」についてプレゼンテーションを行いました。

当社は今後も、「社会的価値のある施策やプロジェクトを創出したい、参画したい」という想いを抱いている企業やビジネスパーソンの皆さまために、思いも寄らない偶発的な出会いや発見が生まれる場の提供や、ユーザーの多様性に富んだプラットフォームの構築、ステークホルダーのエンゲージメントを高め、共創型の事案の創発を後押しする仕組みづくりを通じて、社会課題解決に資する共創活動に邁進してまいります。

▼ 詳細
https://www.mri.co.jp/news/press/20221214.html

お知らせ一覧へ

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード