全国各地のコミュニティオーナー/マネージャー
“シタテビト”へインタビュー

コミュニティの立ち上げ方や周りの人の巻き込み方

モデレーター

みずの けいすけさん

愛知県瀬戸市出身。フリーランスのコンサルタント。2006年明治大学政治経済学部卒。広告代理店でのプランナー勤務を経て、株式会社マイナビに10年勤務。その後、note株式会社で3年。のべ500社以上の情報発信をお手伝い。法人のメディア運用やSNS活用法のアドバイスを行なっている。

ゲスト

小林 洋実さん

高知県出身。関東・関西でWeb/クラウドのエンジニアとして働いたのち、大好きな地元にUターン。2020年より、株式会社SHIFT PLUSにて高知県のIT関係人口創出、人材育成事業の運営を担当。最近は新事業立ち上げにも挑戦中。
県外にいる時から「高知で一人一人がやりたいことに対してアクションできる場、応援する人と繋がれる場」を作りたいと思い、「CLS高知」や「Startup Weekend 高知」というコミュニティの運営を担当。
高知の人ができることを増やしたいと、公私共に活動中。

今回のTailors(シタテビト)は、「Startup Weekend 高知」の発起人 小林 洋実(こばやし ひろみ)さんです。「Startup Weekend」は、世界中で数十万人が参加しているスタートアップ体験の名前であり、金曜日の夜から日曜日までの54時間で仲間づくりをしながらプロトタイプを作り仮説検証を回し続けます。

動画の中では、小林さん流のコミュニティ立ち上げ方法や周りの人の巻き込み方について伺いました。

小林:Startup Weekend は、Weekendっていう名前がついているので、金曜日土曜日日曜日でおこなうんですけど、金曜日の夜から日曜日にかけてアイデアからビジネスを作り上げるっていう起業体験イベントになっています。
具体的に言うと、金曜日の夜にみんなで集まって、わたしこういう事やりたいです!って紙に書いて発表するんですね。そして発表したらチームを作って、お客さん誰だろうとかヒアリング行ったりとかメンタリングとかもしてもらいながら、ビジネスアイデアを作って、日曜日の夕方くらいに発表するみたいな、やりながら学ぶみたいなイベントです。

Startup Weekend はアメリカで発祥して全世界で開催されていますし、日本も色んな所で開催されてて、私は高知でも開催してるっていうような感じです。

みずの:なるほど、ありがとうございます。関わることになったきっかけのところ、作ることになったと言うかね。きっかけのところはどのように始まったんでしょうか?

小林:一番最初は1参加者として行っていました。ずっとエンジニアで中でプログラミングを作るみたいなのが多かったんですけど、ビジネス面を考えることが全然なくて。参加した時になんかすごく開眼したような「わぁ〜」ってなって!この体験面白いなって思って、何回か参加しました。
高知でもやろうって考えたのは、高知にUターンしたいなぁって思ってた時に、高知に対する関心が向いてきて、色んな事を考えるようになってきていたんです。その時にちょうど、じゃあ高知でやったら良いんじゃない?っていうのを参加してた時に言ってもらって。確かにないしやろうか!ってその場で決まって、進んでいったみたいな感じです。

みずの:そうか!自分が参加していた別の地域のものの中で、高知版もやったら良いじゃない!っていう。良いですね!ちょっと背中を押された感じも相まって、立ち上げてみようってなったわけですね。

コミュニティを1からってなった時に、最初はどうやって人を集めるんですか?ほかのサンプルでこんなふうにやってるよっていうのは紹介しやすいと思うんですけど、その場で高知でみんなーって集めていく時に、最初からワッて集まった感じだったんですか?

小林:いや、全然ですね。

みずの:そうなんだ。

小林:色々ありました。やろうと思った時は私大阪に住んでたんですよ。大阪に住んでいたけど高知での開催なので、全然人脈がなかったわけじゃないですけど、起業とか事業を作るっていう面でいうと人脈がなかったです。大阪にいて動けないしどうしようかなって思っていたんです。まずは、知り合いの人に声かけて「こういうことやろうと思うんですけど、協力してくれませんか?」って言って、その人はちょっと難しかったんですけど、別の人を紹介してもらいましたね。高知にも事業創造みたいな支援機関が増えてきていて、そこに連絡して電話かけて「こういうことやろうと思うんですけど、担当者の方繋いでください」みたいな。そこで仲間(コアップメンバー)を作って、仲間になってもらいました。そこから色々企業さん回って「こういうことやりたいです、イベントをやってこういうことやりたいです」って発表してやってましたね。

みずの:なるほど。お写真見てみましょうか?こちら高知のStartup Weekend のお写真でしょうか?

小林:そうです、そうです!これが第一回目に立ち上げた時で…

みずの:来てくれましたね。

小林:Startup Weekend は新しいもので無料でもないですし、週末も潰れるし…最初は「なにこれ?」って多分そんな感じだったと思います。でも知り合いの人が知り合いを呼んでくれたり、高知帰る度に飲んでたような仲間たちが「小林さんがなんかやるらしい」みたいな声かけてくれたりして。それで、20名くらいですかね。写真は参加してくれた方たちなんですけど。最後の発表の時とかもう30名くらい来てくれてて。もうこれはすごい感動でしたね。
で、これが2回目と3回目のイベントで…

みずの:だんだん増えていっている感じもありますね。

小林:Startup Weekend は企業さんにスポンサーという形でご協力いただくんですけど、スポンサーしてくださる企業さんも増えてきてて。最初はすごく苦労したんですけど、2〜3回目くらいはすんなりというか、話したらすごく興味を持ってくれる企業さんが増えてきて本当に有り難いですね。

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード