全国各地のコミュニティオーナー/マネージャー
“シタテビト”へインタビュー

「自分のことを話せる場所」がないと気づいたことがコミュニティの出発点

モデレーター

大塚 智子さん

福岡県出身。大学で地域経済を学んだのち、ソフトバンクグループに7年勤務。その後、Mistletoeにて創業支援事業に4年半従事。個人の活動として、地域コミュニティ・教育・キャリア形成に関するプロジェクトに多数参画。現在は、主に、大分県別府市をはじめとした自治体の創業支援、九州圏内の大学生への講義やワークショップ、ベンチャー企業の成長支援などを中心に活躍。

ゲスト

鈴木 奈津美さん

母親アップデートコミュニティ発起人、一般社団法人母親アップデート 代表理事。 自身が母子家庭で育った経験から、「母親だからできない」を無くしたいと思い、コミュニティを立ち上げるに至る。 多様な価値観をミックスすることを大切に活動。 2019年1月 「母親を、もっとおもしろく。」をビジョンに母親アップデートコミュニティを立ち上げ。 2020年8月 一般社団法人母親アップデートを設立。2002年より日本ヒューレット・パッカード株式会社に勤務、アカウントサポートマネージャーを経て、現在は企業向けマーケティングに従事している。

今回のTailors(シタテビト)は、「母親アップデートコミュニティ」の発起人 鈴木 奈津美(すずき なつみ)さんです。コミュニティでは「母親を、もっとおもしろく!」をVisionに活発に活動されています。

動画の中では、コミュニティを立ち上げることになったきっかけについてお話しいただきました。
▼母親アップデートコミュニティの詳細はこちら
https://haha-update.com/

大塚:なかなか、自分自身のこと、人生のこと、ふだんのモヤモヤや考えていることについて話す機会ってないですよね。

鈴木:そうですね。私達は母親のコミュニティなので、コミュニティを始めた時に思ったのは、自分のことを話す時間・機会、自分を主語にする機会が失われていたということです。

なぜかというと、子どものため、家庭のため、仕事のためで結構追われがちで…
自分と向き合う時間も取れないですし、何か話すときも子どもを主語にして話す機会が多くて、そもそも自分のことを話せる場所っていうのがそもそもないなっていうことに気づきました。

そんなモヤモヤを抱えていたら、そうだよねと共感してくれた方がコミュニティに集まってくれました。
自分にもっと目を向ける、かつ自分のことを話せる場所として、コミュニティを大切にしていこうとしたのが出発点ですね。

フルサイズの動画はこちらでご覧いただけます。

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード