全国各地のコミュニティオーナー/マネージャー
“シタテビト”へインタビュー

コミュニティは、「ハブ型」と「メッシュ型」に分けられる

モデレーター

大塚 智子さん

福岡県出身。大学で地域経済を学んだのち、ソフトバンクグループに7年勤務。その後、Mistletoeにて創業支援事業に4年半従事。個人の活動として、地域コミュニティ・教育・キャリア形成に関するプロジェクトに多数参画。現在は、主に、大分県別府市をはじめとした自治体の創業支援、九州圏内の大学生への講義やワークショップ、ベンチャー企業の成長支援などを中心に活躍。

ゲスト

黒田 悠介さん

あたらしいキャリア論『ライフピボット』の著者。問いでつながるコミュニティ「議論メシ」を主宰。様々なテーマと参加者で、毎月20回ほどの議論イベントを開催している。これまで開催されたイベントは300回以上で延べ参加者数は6000人以上。コラボレーションの相手はスタートアップ、大手企業、行政、コミュニティなど多岐にわたり、約120団体に及ぶ。

大塚:モデレーターを務めさせていただきます、大塚 智子と申します。よろしくお願いいたします。
前回に引き続き、「議論メシ」のコミュニティーオーナー、黒田 悠介さんにお越しいただきました。今回もよろしくお願いします!

黒田:よろしくお願いします!

コミュニティが盛り上がる背景の1つは、会社に依存しない時代になったこと

大塚:ここ数年でコミュニティという言葉が流行っていて、新規事業を立ち上げる企業の方々が「コミュニティを作りなさい」みたいな話が結構出てきていると思います。黒田さんとしては、なぜコミュニティがここ数年で盛り上がっていると思われますか?

黒田:それでいうと色々あるんですけれども、実は今日、有楽町のイノベーションスペースみたいなところに来ているんですね。ここでもやっぱりコミュニティマネージャーの採用の動きが出ています。
ここでは、スタートアップを集めただけでは生まれないことが、コミュニティによって生まれてくることを期待しているんですよね。これは人も同じだなと思います。例えば、100人集めただけだとただのグループに過ぎないんですけれど、その人たちが信頼関係を築いて互いに交流して、じゃあ一緒にやりましょうよっていうコラボレーションが起きると、もう予想もしない展開になるんですよね。この辺りがコミュニティの価値かなと思っています。

今は、副業をしようとか自分のキャリアをデザインしていこうみたいな話も出ていますけれども、これも1つの潮流だと思っています。会社に自分のキャリアを預けることができなくなってしまったじゃないですか。そうなった時は、地域のコミュニティで活動しても良いですし、議論メシのようなオンラインコミュニティで活躍の場を見つけても良いですけれども、会社だけに依存するのは不安定だと多くの人が気づいてきていると思います。1つの会社に依存するのが危険だと感じた敏感な方がコミュニティに入ったり、緊急事態宣言がされる度にコミュニティのメンバーも増えたりしています。

大塚:コロナの期間中に、自分の軸足の置き方や人との付き合い方を見つめ直した人が多いのかもしれないですね。

黒田:そうだと思います。オンラインで気軽に繋がれるようになったので、「会社以外の人と繋がった方が良いんじゃないのか?」という風になっていますね。

ハブ型/メッシュ型コミュニティとは?

大塚:「コミュニティ」って、私の中ではアメーバのように形が分からないもの、変化していくようなものだと思っているんですけれども、黒田さんの記事で凄く面白いものを見つけました!
コミュニティは、中央集権的な「ハブ型」と自律分散的な「メッシュ型」という風に分けられるんじゃないかというお話が書かれていたので、そこの部分をお伺いしたいです。

黒田:そうですね。コミュニティをどう作るか、どこに入るかみたいな相談が多くて、その時には「ハブ型かメッシュ型かの違いで選びましょう」と伝えています。
ハブ型(左図)の場合は、真ん中に人がいて、その人が頑張ることでコミュニティが維持されます。いわゆるインフルエンサーとフォロワー的な関係になります。メッシュ型(右図)は縦横無尽に人が繋がっていくイメージです。
それぞれ特徴もあるし、目的によって違ってくるんですけれども、ハブ型は真ん中の人以上の人は生まれてこなくて、その人が倒れたり飽きたりすると、そのコミュニティは停滞してしまいます。僕は、ハブ型を「動物型コミュニティ」とも呼んでいて、動物は脳みそや心臓を撃ち抜かれたら死んでしまうじゃないですか。同じように、コミュニティの中心となる心臓の人が倒れてしまうと機能しなくなります。
メッシュ型は「植物型コミュニティ」と呼んでいて、植物は根があればなんとかなります。明確な弱点が存在しないんですよね。メンバーが半分いなくなっても、コミュニティを維持することは可能です。

大塚:それは一番強いかもしれないですね!

黒田:そうなんです。議論メシもそうなんですけれども、僕がいなくてもコミュニティは維持されます。メッシュ型はサステナビリティなコミュニティですね。

大塚:コミュニティをサステナビリティという観点で考えたことがなかったですね。

黒田:これは結構重要で、サステナブルなコミュニティの方がそこで信頼残高を貯めていこうみたいな行動が起きやすくなります。

大塚:これからのコミュニティは、メッシュ型の方が合う気がしました。

黒田:インフルエンサーはハブ型を簡単に作れるんですけれども、それ以外の場合はメッシュ型が適していると思いますね。

大塚:チャレンジしやすいですね!

黒田:チャレンジしやすいですし、色々な反応が生まれやすいのも特徴です。

大塚:色々とお話ししていただき、ありがとうございます!
後半では、黒田さんの哲学やコミュニティ運営のポイントについて、色々とお話を伺っていきたいと思っています。次回もお楽しみにされてください。黒田さん、ありがとうございました!

黒田:ありがとうございました !

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード