全国各地のコミュニティオーナー/マネージャー
“シタテビト”へインタビュー

コミュニティは変化を前提に、皆で作り上げる

モデレーター

大塚 智子さん

福岡県出身。大学で地域経済を学んだのち、ソフトバンクグループに7年勤務。その後、Mistletoeにて創業支援事業に4年半従事。個人の活動として、地域コミュニティ・教育・キャリア形成に関するプロジェクトに多数参画。現在は、主に、大分県別府市をはじめとした自治体の創業支援、九州圏内の大学生への講義やワークショップ、ベンチャー企業の成長支援などを中心に活躍。

ゲスト

日比谷 尚武さん

kipples代表。一般社団法人at Will Work理事 、一般社団法人Public Meets Innovation理事、Project30(渋谷をつなげる30人)エバンジェリスト、公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 広報副委員長、ロックバーshhGarage主催など、多くのコミュニティを運営。
「人と情報をつなぎ、社会を変える主役を増やす。」をテーマに、セクターを横断するコネクタとして活躍している。

  • 1
  • 2

大塚:こちらの番組は、地域のコミュニティで継続的、持続的に社会課題を解決する仕立て人の皆さんにお話を伺う番組「Tailors」です。本日、モデレーターを務めさせていただきます。大塚 智子と申します。よろしくお願いいたします!
私は、大分県別府市を中心に、創業支援の活動をしておりまして、実はそこでも、本日のゲストの方とお付き合いがあります。頑張る方やチャレンジャーの方々の役に立ちたいと思い、2年ほど活動をしております。

毎回ゲストの方には、コミュニティ運営に関するお話や活動してきて良かったと感じること、また手応えを感じたこと、嬉しかったことなどをザクザクッと聞いていきたいと思っております。皆さん、コミュニティオーナーならではの悩みがあると思いますので、是非この番組をヒントにしていただけたらと思います。そして最後に、次回ご出演いただくコミュニティオーナーのご紹介もいたします。どうぞ楽しみにお待ちください!

それでは本日のゲストをご紹介します。日比谷 尚武さんです!

日比谷:こんにちは、お久しぶりです!

大塚:お久しぶりです、ありがとうございます!私は、福岡県から収録に参加していますが、日比谷さんはどちらからでしょうか?

日比谷:今日は、渋谷の某所から参加しています(笑)

大塚:某所ですね(笑)場所を明かすと、皆が日比谷さんに会いに行ってしまいますもんね!

日比谷さんのご紹介

大塚:まず私から、日比谷さんの他己紹介をさせていただきます。日比谷さんは、kipples代表で、「人と情報をつなぎ、社会を変える主役を増やす。」をテーマに、セクターを横断するコネクタとして活動されています。広報やマーケティング、新規事業、コミュニティ、そしてトライセクター関連を中心に活動されています。肩書きが沢山あるんですが、一部を紹介します。一般社団法人 at Will Work 理事、一般社団法人 Public Meets Innovation 理事 、そしてProject 30(渋谷をつなげる30人)エバンジェリスト。また、公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会 広報副委員長、ロックバーshhGarageの主催など、様々な活動をされている日比谷さんにお話を伺っていきたいと思います。

日比谷:よろしくお願いします!もうここだけでお腹いっぱいですね(笑)

大塚:日比谷さんの存在は、珍しいけど、今風だなぁと思っていまして。複業のような働き方をされていて、日比谷さんのように働きたいと思われる方も増えてきていると思うんですよね。実際に、日比谷さんに相談される方も増えてきているんですか?

日比谷:こういう活動はずっとやっているので、特別新しいことを始めたわけではないんです。でも、この数年で働き方に関するご相談をいただくことや、そういったテーマでの登壇依頼の機会は前より増えていますね。

多面的な活動に取り組むことで、出会う場面ごとに様々な顔を持つ

大塚:日比谷さんといえば「広報のプロ」と思われている方もいれば、「shhGarage(ロックバー)のオーナー」と思われている方もいればというように、出会う場面で印象が変わりますよね。

日比谷:そうですね!各活動に対して、自分はそれなりに理由があって本気でやっています。しかし多面的な活動をしていると、私の一面しか見ていなかった人は、しばらくすると他の尾ひれの部分が見えてきて、混乱するような現象が起こっていますね(笑)

大塚:それもあって、HPでの掲載やブランディングをされているんですか?

日比谷:先日SNSにも書きましたが、HPに情報をまとめた理由は2つあります。1つ目は、僕としては自分なりのストーリーがあって様々な活動をしているのですが、相手側に混乱されるケースが多いということ。2つ目は、せっかく知り合った方には一つの顔だけではなく、別の側面でも関わりを作り、お手伝いや興味を持ってもらうということ。チャンスを広げるには、多面的に見てもらえる方が良いなと思って、HP上で説明できるようにしています。

大塚:今回、日比谷さんとお話しすると決まってから、kipplesのHPを見させてもらったり、日比谷さんの記事を読んだりしました。私自身は、日比谷さんのことを知っているつもりだったんですけれども…全然知らなかったんだなと思いました(笑)

日比谷:大塚さんには、僕がベンチャーの広報をしている頃に勉強会に参加してもらいましたね。イベントや地域の話でも関わりがあるので、いくつかの側面を見ているはず(笑)

大塚:知っているはずではあるんですけれども、今回、日比谷さんの哲学や思想に触れる機会をいただいて、改めて尊敬しました。

日比谷さんのキャリア変遷

大塚:私と日比谷さんは出会って、3〜4年くらいなんですけれども、今回は、初めての方に分かりやすく日比谷さんのキャリアをご紹介させていただきたいです。こちらの資料がとてもわかりやすいですね!

日比谷:この図は左から右に進んでいまして、10代から始まって45歳まで、私の人生がどんな変遷をしてきたのかという図です。 真ん中に黒とグレーの矢印があります。
優等生だった小学生の頃から始まって、大学生でフリーランスを始め、NTTグループに入りました。20代半ばで後輩達が作った会社でCOOを務め、上場を狙ってIPO直前までいっていたんですけれども、ライブドアショックで中断しました。その後は学生時代の同級生が名刺管理サービス「Sansan」を作るタイミングでSansanへジョインして、30代はSansanにどっぷり関わっていました。マーケティング、広報、エバンジェリスト、コネクタと幅広く活動して、40歳になってから独立しました。こういった活動をしながらも多くの課外活動にも取り組んでいて、メンタルのアップダウンを繰り返しながらやっていました。

大塚:この図だけで、ご飯何杯かいけそうですけれども(笑)黒矢印が時系列で、グレーの矢印がキーワードですか?

日比谷:そうですね。上の黒矢印が所属や肩書きで、グレーはその中での役割ですね。
下の方の欄外にあるのは、サブ活動を一部抜粋したものですね。

大塚:日比谷さんのブログで面白かった部分があって「バンドの経験で、自分が一番前に立つというよりかは、裏方や事務局長のような立場に面白みを覚えた」と書いてありました。それが、shhGarageなどに繋がっていくんですかね?

日比谷:今日のコミュニティの話にも繋がるんですけれども、表に立って活動するよりは、企画・運営をして、人が動いたり物事が進んだりする仕掛ける側の方が楽しいです。これは、高校の頃のバンドや、文化祭の実行委員をやっていた頃から変わっていないということに最近気が付きました。

大塚:課外活動から発見したことも多いんですかね?

日比谷:学校や社外の企業とのプロジェクトに関わったり、NTTグループ時代にベンチャー企業とお付き合いしたり、ベンチャー企業の時も違う業界の方とお付き合いしたりする中で、面白い話が入ってくることもありました。多動なのかもしれないですね。

大塚:私も多動一族なので分かります!自分では気付かなかった深みが出てきますよね。

日比谷:自分の所属している組織で見えない強みが見えることもあるし、新しいジャンルに興味を持つこともありますし、外に出ると色々な出会いがありますよね。

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード