全国各地のコミュニティオーナー/マネージャー
“シタテビト”へインタビュー

コミュニティとコミュニティを繋ぐことが、大塚さん流の紡ぎ方

モデレーター

みずの けいすけさん

愛知県瀬戸市出身。フリーランスのコンサルタント。2006年明治大学政治経済学部卒。広告代理店でのプランナー勤務を経て、株式会社マイナビに10年勤務。その後、note株式会社で3年。のべ500社以上の情報発信をお手伝い。法人のメディア運用やSNS活用法のアドバイスを行なっている。

ゲスト

大塚 智子さん

福岡県出身。大学で地域経済を学んだのち、ソフトバンクグループに7年勤務。その後、Mistletoeにて創業支援事業に4年半従事。個人の活動として、地域コミュニティ・教育・キャリア形成に関するプロジェクトに多数参画。現在は、主に、大分県別府市をはじめとした自治体の創業支援、九州圏内の大学生への講義やワークショップ、ベンチャー企業の成長支援などを中心に活躍。

みずの:地域のコミュニティで継続的、持続的に社会課題を解決する仕立て人の皆さんにお話を伺う番組【Tailors】です。本日モデレーターを務めます、みずの けいすけです。
簡単な自己紹介です。普段は、企業が運営するオウンドメディアの運用や、コミュニティマネジメントを手掛けています。株式会社マイナビで10年、メディアプラットフォームのnote株式会社で3年勤めておりました。そこで、のべ500社以上の情報発信をお手伝いしてきています。本日はよろしくお願いします。この番組は、コミュニティビジネスプラットフォームを運営するTailor Worksがお送りします。
さて、本日お話を伺うのは、大塚 智子さんです。こんにちは!

大塚:こんにちは。よろしくお願いします!

みずの:第一回なんでね、段取りがバタバタしたらすみません(汗)

大塚:なんだかフレッシュな感じですね。

みずの:緊張していますか、大塚さん?

大塚:あの…3秒前くらいから緊張してきました(笑)

みずの:なんかね、カフェでゆっくり話すくらいの気持ちで話しましょうね。

大塚:そうですね!

みずの:僕としてもお聞きしたいことがたくさんありますので。
最初に、大塚さんの自己紹介を僕が紹介させていただきます。違ってたら指摘してください(笑)
福岡県出身。大学で地域経済を学んだのち、ソフトバンクグループで人事、検証エンジニアとして7年間勤務されました。その後、社会課題の解決を目指すスタートアップを支援するMistletoe株式会社で創業支援事業に4年半携わられたのが、大塚 智子さんです。
個人の活動としては、地域のコミュニティや教育・キャリア形成に関するプロジェクトに多数参画していらっしゃいます。今では主に、大分県の別府市をはじめとした自治体の創業支援、九州圏内の大学生の講義やワークショップ、またベンチャー企業の成長支援などを中心に活動していらっしゃいます。
間違いないですか?

大塚:間違いないです。ありがとうございます!

みずの:よかったです!しっかり噛まずに読ませていただきました。
これまでご旅行されてきた国が、58カ国ほどとプロフィールでいただいていますけど、この話だけでも聞きたくなっちゃいますけど、今日は普段携わられていらっしゃるお仕事のお話をお聞きできればと思います。
普段、大塚さんは大分県の別府市を中心にしたコミュニティで活動をされていらっしゃると思うんですが、ちなみに今日はどちらから参加されていますか?

大塚:福岡県の八女市といわれる、お茶所から参加しております。

みずの:お茶で有名ですよね!
僕はちなみに千葉県の自宅からなんですけど、なんか本当にZoomだと距離感がなくて、同じ部屋にいる感があって面白いですよね。

大塚:本当ですよね!以前より、便利というか居心地が良いというか。いい時代になったなと思います。

みずの:いや、本当ですよね。
何より、色々な方にご覧いただけるといいなと思ってお届けしております。コミュニティって言葉ってすごい広いじゃないですか。色々な地域で色々頑張られている方々、それぞれのコミュニティがあると思いますが、何か参考になる点とか「共感する、分かるな」とみたいなことを持ち帰っていただきながら、ご視聴していただければ嬉しく思います。よろしくお願いします!
やっと、そのTシャツを触れたいなと思いますが…

大塚:気づいていただきましたか!ありがとうございます!「ベップ」でございます!!

みずの:なんて書いてあるかと思ったら、カタカナでベップ!!

大塚:はい、カタカナですね。びっくりマークまで入っております!

みずの:これは手書きですか?なんですか?

大塚:これは、ちゃんとデザイナーさんが手書きしたものをプリントしてくださっていて。別府市内で200人は持っていると思います。

みずの:え、そんなに?すごい!

大塚:とあるプロジェクトをしてですね、その時のスタッフTシャツなんです。別府の市役所の方とかプロジェクトメンバーは今でも「気が乗ったら着る、何かあれば着る!」みたいな。魂のこもった一枚でございます!

みずの:いいユニフォームだ。ここに袖口にロゴがありますね。

大塚:そうなんですよ。これ、BEAMS JAPANさんが作ってくださって。私の手書きじゃないんですよ?(笑)

みずの:違った(笑)すごいな。ちゃんとしたTシャツでしたね、いいな。皆さんユニフォームみたいにして着られているということですね。

大塚:そうですね、別府の方って「別府が好き」って方が多いんですよ。郷土愛がすごくて。そのため、皆さん至る所で着ています。

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード