お知らせ

テイラーワークス、内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」に専門家企業として参画

株式会社テイラーワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役会長 山本 浩之/代表取締役社長 難波 弘匡 以下、テイラーワークス)は、内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」に専門家企業として参画したことをお知らせします。
テイラーワークスは“自治体・企業・業界団体が主体となり、課題解決やビジネスマッチングが創出される産業課題解決型のコミュニティ“の活動を支援しています。
「地域未来構想20 オープンラボ」を通して、より多くの自治体の皆様に「新しい生活様式」の実現と、コロナ禍においても「産業課題解決を促す仕組み」を提供して参ります。
今回、テイラーワークスが専門家として登録された政策分野は「地域未来構想20」の内、分野16[地域商社・観光地域づくり法人(DMO)]になります。

■「地域未来構想20 オープンラボ」について

内閣府では、「新しい生活様式」の実現等に向けて、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用し、地域で取り組むことが期待される政策分野を「地域未来構想20」として公開しています。 「地域未来構想20 オープンラボ」はこの取り組みを推進するために開設され、「それぞれの分野に関心のある自治体」、「各分野の課題解決に向けたスキルを有する専門家(民間企業を含む)」、「関連施策を所管する府省庁」の三者のマッチングを支援しています。

■分野16[地域商社・観光地域づくり法人(DMO)]

「地域商社、観光地域づくり法人(DMO)、ローカルベンチャー等を通じ、ソーリャルデザインの力も生かした、地域経済力の強化」
デザインマーケットセンスを持ったソーシャルデザイナーを地域外から呼び込み、地域商社、DMO、小さな拠点、ローカルベンチャーなどの形で、地域内外のメンバーで協創する場を創業・創設。地域外の視点を取り入れつつ、価値創出のデザインと地域経済力向上を図るビジョンの策定と実行や、持続可能な価値の創出につなげる「地域価値エコシステム」の実現推進を支援。
<概要URL>
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/miraikousou20_openlabo/index.html

お知らせ一覧へ

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード