別府市創業コミュニティの導入事例 #1

別府の土地や人、ビジネスに関心のある全国の方と”フラットな関係性”で繋がり合い、同志と出逢えることが、【Tailor Works】の一番の魅力

一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォームB-biz LINK

大塚 智子 様

別府市における創業やビジネスに関心のある方々のために作られた別府市創業コミュニティ。現在は別府に関心のある事業者や自治体の方々も参加可能で、創業支援をはじめ、地域課題の解決やビジネスマッチングの場にもなっています。
お話を聞いたのは、本コミュニティを立ち上げた大塚智子さん。大手通信会社やスタートアップ支援会社での様々な経験を経て、何か困っている人の役に立ちたいという強い思いを抱えていたところ、別府市に出会ったそうです。大塚さんは100カ国以上の人が暮らす別府市の活性化、課題解決の方法を探して【Tailor Works】を導入、活用しています。
こちらの記事では、別府市創業コミュニティについて、そしてオンラインコミュニティプラットフォーム【Tailor Works】を導入した経緯をご紹介します。

課題
  • 県外や市外のコミュニティの方と繋がることが難しい
  • 立場や役割を意識して固いコミュニケーションになってしまうことがよくある
  • イベント単体で終わってしまう
解決
  • 地域問わず、気軽に繋がることができる
  • フラットな関係性で意見交換ができる
  • イベント前後で参加者同士の関係を育める

────まずは、別府市創業コミュニティについてご紹介をお願いします。

大塚:”別府市の創業支援に関わる事業者のためのコミュニティ"ということで立ち上げています。しかし最近では、創業支援だけでなく、別府に何かしら関心のある方のご参加も大歓迎しています。ワーケーションで別府に滞在してみたいであったり、別府で何か新しい事業を生み出してみたいであったり、様々な目的でご参加いただいています。

コミュニティ全体で「新しいチャレンジ」を応援し続けたい

────別府市創業コミュニティとしては、どのようなコミュニティとなることを目指していますか。

大塚:「何か新しいことをやりたい」と思い立って行動する方を、みんなで見守り応援するようなコミュニティでありたいです。よくあることだと思うのですが、思い立って行動する方を、最初は周りの人もたくさん応援すると思うんです。ただ、大きなビジョンであればあるほど、長距離走のように長く走り続けないといけない。多くの場合、最後まで伴走してくれる人は少なくなってしまい…最前線で旗を振り続ける方は孤独になりがちなんですよね。

そのため、チャレンジャーの方が掲げた旗に共感し「一緒にやりたい」と言ってくれる方々が、別府の中だけでなく、全国あらゆる場所から集まるといいなと。その長距離走を、最初だけでなく、中間地点でも最後でも、声援を送り合える環境ができたらと思っています。

導入前の一番の課題は「県外や市外のコミュニティとの壁」

────とても素敵ですね。そのようなコミュニティとなるよう色々と活動される中で、難しいことや大変なこともたくさんあったのではないでしょうか。

大塚:そうですね。別府市在住の方に限らず、全国からこのコミュニティに参加いただきたいという思いがあるので、様々なコミュニティに参加し情報収集をするんです。そこで感じたのが、県境や市境の見えない壁ですね。例えば、東京のイベントを視聴するとなると、東京のゲストと、地方のオーディエンスのような、どこか壁のある関係性を感じてしまうんですよ。そのため、お互いにフラットな状況で意見交換やアイデア交換ができたらいいのにな…と思っていました。

────フラットではない、立場や役割ありきの関係性となっていたのですね。その他の大変なこととしては、どのようなことがありましたか。

大塚:これは、このコミュニティだけの話ではないのですが、イベントがイベントで終わってしまうことはよくありました。イベントの企画や運営に全力になりすぎて、その後に繋がらないということですね。イベントに携わっている全事務局の方は、皆さん同じような大変な思いで企画や運営をされていると思いますよ。

同じ目標に向かう仲間や同志として一同に集まれる、それが「Tailor Works」

────なるほど。そのような難しいことや大変なことがあって、Tailor Worksを導入いただいたかと思います。Tailor Worksを利用する前は、具体的にどのような期待をお持ちでしたか。

大塚:別府の土地や人、ビジネスに関心のある全国の方と”フラットな関係性”で繋がり合えることは、Tailor Worksの一番の魅力だなと思っています。例えば、地方の方だと、Facebookグループを使っている人も多いです。普段使っているものなので、アクティブで使いやすいことは良いと思う一方、ビジネス上の同志を見つけるということで考えると、あまり確度は高くないのかなと思っているんです。

本気の自分に対して良いアドバイスを言ってくれる仲間や同志と巡り逢えるというのは、Tailor Worksの特長ですね。しかも”コミュニティ”という単位を通じて、成功例も失敗例も共有し合える場があるのは、オープンでフラットなTailor Worksだからできることだと思い、期待しています。

────ありがとうございます。実際にそういった体験をされたのでしょうか。

大塚:はい。Tailor Works上で開催した2回目のミートアップの時に、保育園の園長先生を務める傍ら、いろんな保育園向けに講演をされる方がいたのですが、その方の言葉が別府市の保育園事業者さんにとても響いていて、感動の時間が生まれていたんです。これが実現できたのは、ゲストとオーディエンスのような立場を持たず、同じ目標に向かう仲間や同志として一同に集まれるTailor Worksだからかなと思います。

────ここまで、別府市創業コミュニティとTailor Works導入の経緯をお聞きしました。次回は、Tailor Worksを知ったきっかけや、Tailor Worksの導入を決めたポイントについて、お話を聞いていきます。
Tailor Worksについて気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

あなたのコミュニティ活動に
新しい体験を

担当に無料相談 資料ダウンロード